自転車の処分は粗大ゴミ?

自転車の処分は粗大ゴミ? 自転車の処分は粗大ゴミではありません。
粗大ゴミとして出しても回収拒否されます。
自転車は専門業者に引き取ってもらう必要があります。
要するに自転車屋に持っていって引き取ってもらえばいいのです。
自転車屋によっても違いますが、2000円くらいの処分料で引き取ってくれます。
それだけで全て終わりです。
しかし、自治体が行うゴミ回収に出す方法もないわけではありません。
細かく解体して、燃えないゴミとして出す方法があります。
金属も切れるノコギリなどを買ってきて、フレームやホイールなどを細かく切り刻みます。
あとは燃えないゴミ用のゴミ袋に詰めて指定のゴミの日に出せば大丈夫です。
しかし自力解体はかなりの労力がかかりますし、怪我をする危険もあるので、やはり大人しくお店に持っていって引き取ってもらうのが一番てっとり早いでしょう。
新車を購入する時などに、古いやつを無料で回収してくれたりするお店もあるので、それを利用するのもいいでしょう。

自転車の処分のタイミング

自転車を処分するタイミングは、そのとき使っているものに対する考え方によって違ってきます。
新しいモデルがどうしてもほしい、というのであれば今乗っているものが古くなって価値が下がる前にいち早く売ってしまい、新しいモデルの購入資金に充てたほうが賢明です。
自転車は乗るたびに各パーツが消耗し、フレームにもダメージが蓄積されていきますので、使えば使うほど売るときの価値が下がってしまうからです。
一方で、今使っているものに愛着があって、できるだけ長く使いたいと考えているのであれば、フレームが損傷したり錆・腐敗などによって耐久性に問題が出てくるまでは修理して使ったほうが後悔しなくてすむでしょう。
タイヤやタイヤチューブ、ブレーキパッド、チェーン、サドルなどの消耗部品はいくらでも修理できますし、パーツの交換もできます。
その自転車に乗ることで危険を感じ、家にディスプレイとして置いておくほどでもないと感じたときが処分のタイミングといえるでしょう。