格安な自転車と高級ブランドの違い

格安な自転車と高級ブランドの違い 自転車は大きく分けると、ホームセンターなどで販売されているような1万円~2万円前後の格安なものと、10万円以上するような高級ブランドのものとがあります。
格安の自転車は使い捨て感覚で、3年~5年程度使用すれば買い替えになります。
サビが発生したり、がたつきが発生したりして、性能が大幅に悪化してしまうからです。
それに対して高級ブランドの自転車は、長く乗り続けることを前提としたものです。
ボディはアルミでできているタイプが多く、錆びることがありません。
またとても軽いので、軽く漕ぐことができ、ブレーキの利きも良いです。
当然持ち運びも便利です。
国内外に有名ブランドがありますが、本場ヨーロッパのメーカーに高い人気があります。
特にツール・ド・フランスなどで活躍するような自転車メーカーの人気は高いです。
その性能の高さは、格安なものとは比較になりません。
ただお値段も非常に高額になりますので、予算に合わせてコストパフォーマンスを考慮しながら選ぶことが大切になってきます。

スポーツの変わりに自転車に乗る

運動不足という自覚があるのであれば、何かスポーツを始めるといいでしょう。
体を動かしていくようにすることによって、肥満も防ぎやすくなりますので健康にもよくなりますし、老化防止にもつながるようになります。
しかし何年も体を動かすような事がなかった人の場合は、急にスポーツを始めるのはハードルが高いものかもしれません。
急に無理をすると、怪我をしてしまってもいけませんので、軽く体を動かすことから始めるようにするといいでしょう。
そのためにいいのが自転車に乗る事です。
歩くのは時間がないという人でも、自転車であれば、何かの移動の時に乗っていくことも出来るようになります。
渋滞の多い地域で自動車に乗ることが多かった人なのであれば、自転車に乗ってもあまり時間は変わらない事でしょう。
まずは自転車で徐々に体を動かすようにしていき、それから慣れた頃に少しずつスポーツを始めるようにしてみると体に無理なく始めることが出来るようになります。