自転車処分の仕方

自転車処分の仕方 使わなくなった自転車の、正しい処分の仕方を知っていますか?捨てるいくつかの方法と、まだキレイであれば捨てずに売るという選択肢もあります。

・自治体の粗大ゴミ回収サービスの利用
正しく一番手軽に自転車を処分できる方法です。
まず事前に自治体に電話連絡で回収予約をします。コンビニエンスストア等で指定の料金シールを購入し、指定された日にそのシールを自転車に添付し自宅前に置くだけです。
自分で持ち込む必要が無く、回収しに来てくれるのがメリットです。

・ゴミ処理場に自分で持ち込む
自治体が管理するゴミ処理場へ自分で持ち込むと、重量制により安く済みます。乗せる車を所持している場合に向いている方法です。

・不用品回収業者に処分を依頼する
自分の取りに来てほしい希望日を指定できることがメリットですが、出張料金が発生することもありますので、事前に確認することが望ましいでしょう。

・オークションで売る
状態が良ければ、オークションで売ることも可能です。

気を付けたいのは、自治体サービス以外の方法において譲渡・売却する場合、防犯登録の抹消を必ずしておくことです。さもないと、この自転車を手に入れた人が窃盗の疑いを掛けられてしまうことになる可能性があるからです。
ルールを守って正しく、トラブルを起こさないようにしたいものです。

簡単に処分できる自転車、本当は怖い!

不要になった自転車は粗大ゴミにあたります。
その点では、廃品回収に出すのが一番ですが、それ以外にも意外と簡単に引き取ってくれるところがあるために、何も気にしないでその場その場で処分してしまいますが、実は処分には注意することがあります。
それは、防犯登録です。
自転車は他の道具と違って防犯登録されています。そのため、それらがきちんと処分されていれば良いのですが、きちんと処分されないまま別の人に渡ると、ある日突然警察から毎回電話がかかってくることがあります。
なぜなら、防犯登録がそのままで解除されないままなので、確認として電話がかかってくるからです。同様なことが自分がリサイクルショップなどで中古を購入した時にも当てはまります。
このようなことが起きてしまうのは、防犯登録の解除は自転車協会に加入しなければできないために、小さなリサイクルショップなどでは解除ができないからです。
そのため、特に自転車の処分は慎重に行わないと自分ばかりでなく他人に迷惑をかけてしまうので怖いです。